【五節句】男子の成長を祝う“端午の節句”とは

日本には古来、五穀豊穣・無病息災・子孫繁栄などを祈る“五節句”という行事があります。

https://sakepal.jp/wp-content/uploads/2021/07/ぱ-300x300.jpg

名前の通り五つの節句がある中で、今回は五節句のうちの一つ、“端午の節句”について解説をします。

そもそも“節句”とは

節句とは、季節の節目を、伝統行事を踏まえて祝う式日の事で、“節”とは、古代中国の唐時代に暦法で定められた季節の変わり目の事を指します。
この暦の中で奇数の重なる日に季節の旬の植物から生命力をもらい五穀豊穣・無病息災・子孫繁栄などを祈る目的から始まりました。
“暦の中で奇数の重なる日”を節句とした理由は古代中国の陰陽説に由来しており、次のような見解が説として考えられています。

<説Ⅰ> 奇数は“陽”を表し、縁起の良い日と考えたことから、奇数(陽)が重なる日を節と定めた。

<説Ⅱ> 奇数(陽)が重なると陰に変わるとして、それを避けるための邪気を祓う避邪(ひじゃ)の行事が行われたことから節と定めた。

これらの考えが日本へと伝えられ、中国の暦法と日本の農耕を行う人々の風習が合わさったことで、“決められた日に宮中で邪気をはらう宴会”が催されるようになり「節句」と呼ばれるようになりました。

そんな五節句の一覧は次の通りです。

※元日(1月1日)は別格とされたので、1月は7日に定められました

ご存じではなかった方は、もしかしたら別名の方でこれらを耳にしたことはありませんか?

五節句の一つ、端午の節句について

「こどもの日」としても祝われる5月5日の端午の節句。
端午の“端”は「はじめ」という意味で、端午は5月最初の午(うま)の日のことで、午(ご)という文字の音が五に重なることから、奈良時代以降に5月5日が端午の節句として定着したとされています。

そんな端午の節句では、その時期に盛りを迎える菖蒲を様々な形で用いることから菖蒲の節句とも呼ばれています。

菖蒲はハーブのように、葉から出る力強い華やかな香りが特徴で、その香りが健康を保ち、邪気を祓う力があると信じられていました。
なので端午の節句では、菖蒲湯に入浴し、菖蒲を日本酒に浸した菖蒲酒を飲み、菖蒲枕で眠るなど、菖蒲づくしの一日となります。
他には、薬効の活用だけでなく家の軒に菖蒲を飾って邪気を祓うという風習も 古くから行われました。

江戸時代から大きく変化した端午の節句

江戸時代になることで日本の権力の中心が貴族から武家に移ることで端午の節句に大きな変化が訪れます。
節句で用いる菖蒲(しょうぶ)の音が、武を重んじる“尚武”や“勝負”と同じであることから、端午の節句は武家の間で盛んに祝われるようになりました。
また、剣(つるぎ)を連想させる菖蒲の見た目も大変好評だったようです。
この節句は、家の後継ぎである男子が、無事に成長していくことを祈ると共に、一族の繁栄を願う重要な行事となっていきました

https://sakepal.jp/wp-content/uploads/2021/07/ぱ-300x300.jpg

3月3日の桃の節句(ひな祭り)が、女の子のための節句となったように、5月5日の端午の節句は、男の子の節句として定着していったんですね。

端午の節句、何をする?何を食べる?

端午の節句には、菖蒲を用いた節句の過ごし方以外にも多くの風習があります。

<戸外飾りと室内飾り>
端午の節句の飾りには、幟旗(のぼりばた)や鯉のぼりのような“戸外飾り”と、甲冑や五月人形、座敷幟(ざしきのぼり)のような“室内飾り”の2種類があります。
両方を飾る家もあれば、どちらか一方を飾る家もあり、さらに飾り方にもそれぞれの地方の特色が見られます。
例えば、関西方面の室内飾りでは、陣屋提灯を必ず飾り、名古屋を中心とした地域では、鎧兜の代わりに鎧姿の子供大将を中心に置くことが多いようです。

<鯉のぼり>

前述した戸外飾りの代表ですね。
江戸当時に武家では、屋敷の玄関前に家紋の入った幟(のぼり)や、馬印、吹流しなどを飾って先祖の武勲を称えると共に、男子の出世成長を祈ることが習わしとなっていました。
それを見ていた町人達は「いいなぁ。あれ、やりたいなぁ~」と思いつつも武家の真似をすることは出来ません。
そこで考え出されたのが、立身出世の象徴である“鯉”を模した鯉のぼりでした。
5月の空を泳ぐ鯉の姿は子供たちにとても喜ばれ、江戸で生れた鯉のぼりは全国へと広がっていきました。

<粽(ちまき)と柏餅(かしわもち)>

端午の節句のお菓子として一般的なものは、粽(ちまき)と柏餅(かしわもち)です。
関西地方では、初節句は粽で祝い、二年目以降は柏餅で祝うという風習もあるそうです。
関東地方では粽よりも柏餅が多く食べられます。
皆さんのお住まいの地域ではどうでしょうか?
粽は餅米やうるち米の粉を笹の葉で包んで蒸したもので、柏餅はうるち米の粉を練って餡子を包み、柏の葉でくるんで蒸したものです。
柏の木は、新芽が吹く頃に落葉する特徴があり、後継ぎができるまで葉を落とさないことから縁起担ぎのめでたい木と言われているんですよ。

おわりに

今回は、端午の節句について解説をしました。
様々な作法や伝統行事は、人々の思いが形となって現代まで受け継がれているものなんですね。
また、菖蒲は邪気を祓うために用いられていましたが、現代の私達はストレスという邪気に日々悩まされています。

この時期になるとスーパーや道の駅などでも販売している季節物の菖蒲。
“さけぱる”読者の皆様は日本酒に菖蒲を浮かべた菖蒲酒で、残り一年の無病息災・子孫繁栄・健康飲酒を願ってみてはいかがでしょうか。

【参考】
・『酒仙人直伝よくわかる日本酒』 (NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会))
【注意事項】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利は日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)に帰属します。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

ライター紹介🍶

さんちゃそ 作って食べて飲むことが、趣味であり人生最大の楽しみ。 唎酒師、ソムリエの資格保持者。
その過程で学んだ副産物を「知識のメモ」として記事に残しています。

日本酒をもっと知りたい人におすすめの書籍や資格情報

関連記事