• HOME
  • 記事
  • 知る
  • 本格焼酎の“無限”の可能性を追求する薩摩酒造『MUGEN白波』とは?!

本格焼酎の“無限”の可能性を追求する薩摩酒造『MUGEN白波』とは?!

https://sakepal.jp/wp-content/uploads/2021/07/ぱ-300x300.jpg

今日のお話は「焼酎」。この寒い時期に合う楽しい飲み方もご紹介します!

薩摩酒造の『さつま白波』といえば、今やコンビニでも買うことができるほど焼酎の定番的な存在。「飲んだことがある!」という方も多いのではないでしょうか。
そんな「白波シリーズ」の中でも特に薩摩酒造の技術を結集させて作ったのが『MUGEN白波(むげんしらなみ)』です。

『MUGEN白波』は「本格焼酎の“無限”の可能性を追求する」ことをコンセプトに、2019年より登場したプレミアム本格芋焼酎。その新シリーズが2月14日に数量限定で全国発売されます。

 

「薩摩酒造」とは

まだまだ寒さが続くこの時期。いつも焼酎はソーダ割り・水割り派という方でも「今日はお湯割りにしてみようかな」、と気分が変わることもあるのではないでしょうか。特に芋焼酎はお湯割りにすることでさつまいものやさしい甘みと香りが際立ち、美味しさが増すのでおすすめです。

中でも薩摩酒造の『さつま白波』シリーズは1970年代後半から第一次焼酎ブームを牽引してきた存在。
そんな白波ブランドから誕生した新シリーズのプレミアム焼酎『MUGEN白波』は、さつまいも本来の甘味を最大限に引き出すことにこだわった焼酎なので、特にお湯割りが美味しいのが特徴なんです。

今回の新シリーズはにごりの酒質を活かすために透明瓶を採用しており、「『まっさら』であるからこそ、そこから何でも生み出していける」という想いを込めてラベルも白色。描かれたダイナミックな「白波」は枠にとらわれず無限の可能性へ挑戦していく焼酎造りへの姿勢が表現されています。

 

お湯割りが美味しい秘密はさつまいもの甘みを最大限に引き出すための「土室糖化芋(つちむろとうかいも)」という薩摩酒造独自の技術と、「MUGEN蒸留」という独自の蒸留技術。「土室糖化芋」はさつまいもを土の中で寝かせてじっくり熟成させることで十分に甘味が引き出される技術で、「MUGEN蒸留」は豊富な旨味成分を凝縮しつつも、トロミのある「コク」「ボディ感」が感じられます。

『MUGEN 白波』をそのまま飲んでみると、甘味ととろみが濃厚!蒸した芋の香りもふんだんに感じられます。ソーダ割やロックでももちろん美味しかったのですが、やはりこの甘味と濃厚さを堪能するにはお湯割りが良いかもなぁ、と感じました。
お湯割りで楽しむ際のおすすめの温度は、最も甘みを最も感じやすいと言われている42℃程度なのだそう!手軽に温めたい場合、180ml程度なら500Wの電子レンジで1分ほどで42℃に近い温度になりますよ。

薩摩酒造社員直伝の『MUGEN 白波』のアレンジレシピ

ホットココア割り

1.マグカップに牛乳120㏄、ココアパウダー大さじ1、黒糖大さじ1を入れる
2.500Wのレンジで1分加熱する
3.『MUGEN白波』を大さじ2(30ml)入れて完成
※お好みでホイップやココアパウダーをかけても良いです◎

さつまいものコク&甘みと、ココアの相性は想像以上に抜群です。優しい甘さの相乗効果がホッとできる美味しさでした。
夜リラックスしたいときに楽しむのにちょうど良いかもしれませんね。

ホットソイ抹茶割り

1.マグカップに豆乳120㏄と抹茶パウダー大さじ1を入れる
2.500Wのレンジで1分加熱する
3.『MUGEN白波』を大さじ2(30ml)入れて、最後に抹茶パウダーをお好みでふりかけて完成

抹茶パウダーは砂糖なしの甘くないものを使用することで、よりさつまいもの香りがぐっと引き立つ味わいになります。
たとえばあんこを使用したスイーツと、MUGEN白波のホットソイ抹茶割りで和なマリアージュを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

ホットジンジャー割り

1.マグカップに水100㏄、すりおろした生姜小さじ1/4、はちみつ大さじ1を入れる
2.500Wのレンジで1分加熱する
3.『MUGEN白波』を大さじ2(30ml)入れて、最後にレモンを入れて完成

生姜はチューブタイプのものより生のものをすりおろすことでスパイシーな味わいが引き立ちます。すっとのど越しの良いMUGEN白波とすりおろした生姜の繊維感がマッチ。さつまいもの甘さとのコントラストをレモンとはちみつが調和してくれる絶妙なカクテルは気分を変えたい時におすすめです。


「焼酎のお湯割り」というとなんだか酒飲みのプロがやるものというイメージがあるかもしれませんが、『MUGEN白波』は優しい甘さが楽しめるので焼酎を普段飲まない方でも意外と抵抗感なく飲めると思います。
まだまだ寒さが厳しい中、体をじんわり温めるお湯割りやカクテルアレンジでほっとできるひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【DATA】MUGEN 白波

品目:本格焼酎
アルコール分:25%
原材料:さつまいも(鹿児島県産)、米こうじ(国内産米)
容量:1800mL、900mL
参考小売価格 2,530 円(税込)/1800mL
1,320 円(税込)/900mL
薩摩酒造株式会社公式サイトより

【参考】
薩摩酒造株式会社公式サイト
【注意事項】
・記事、データ等の著作権その他一切の権利は日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)に帰属します。
・記事・データ等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

ライター紹介🍶

松本果歩
恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、
社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライター。
お酒好きが高じて国際唎酒師の資格を取得、日本酒のお店でも働いています。
Twitter:@KA_HO_MA

日本酒をもっと知りたい人におすすめの書籍や資格情報

関連記事